二人でひらめいているイラスト

「面接で必要な、最低限のマナーを知りたい」

「やりすぎ感がない、丁度いい面接のマナーを知りたい」

こんな悩みに答えていきます。

実は、業界や職種によって、面接の質というのは、明らかに違っています。なぜなら、その業界や、会社によって、面接の目的や重要性が違っているからです。

今回は、あまり堅苦しくない、超基本的な面接時のマナーを解説していきます。

この記事を、5分後に読み終わる頃には、まるで優等生のような、できる社会人になっているでしょう。

面接で最低限必要なマナー

面接に伴う、一連の流れに沿って、8つのマナーを解説していきます。

どのマナーも、やりすぎ感がなく、どんな企業の面接時にも使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

面接会場に行く時:3つのマナー

面接のマナーは、受付から始まるのではなく、面接会場へ行く時から始まっています。

では、どういったところがあるのか?

  • 会社の駐車場は使わない
  • 歩きタバコはしない
  • 電話の電源は切っておく

面接会場の、駐車場の利用は、できるだけ避けるようにしてください。

その理由は、もし、車の接触事故などが起こると、面接どころではなくなり、会社側にも、迷惑がかかってしまうからです。

面接に行く際は、できるだけ電車やバスといった交通機関を使うようにしましょう。

面接会場から、まだ距離があっても、絶対に、タバコは吸わないようにしましょう。

その理由は、出勤途中の社員の人が、偶然その姿を見てしまうと、その行為を、上司に報告するからです。

そういった行為をする人間は、一般常識がないと思われてしまうので、かなりマイナスなイメージがついてしまうので、注意が必要です。

面接時の受付マナー

受付をする場合、受付に人がいる場合と、インターホンがある場合がありますが、伝える事は同じです。

『おはようございます。本日○時に、面接の約束をしていただきました、〇〇と申します。採用担当者様に、お取次ぎをお願いします。』

仮に、受付がない場合で、近くの社員さんに声をかける事になった場合でも、セリフは同じで構いません。

面接時の控室:5つのマナー

稀ではありますが、面接の準備が整ってない場合、先に控室に通される事があります。

そういった場合は、スマホを見たり、足を組んだりせず、静かに待機しておきましょう。

待機中に、スマホや、足を組んでいる姿を見ると、誰だって不信感を抱き、マナーが悪い人だと思ってしまいます。

なので、控室に通された時は、静かに、呼ばれるまで待ちましょう。

  • スマホを見ない
  • 足を組まない
  • 雑誌を見ない
  • キョロキョロしない
  • 人が通ったら、挨拶をする

他にも、上記のような事を意識すると良いでしょう。

面接での入室(ノック):5つのマナー

入室のマナーには、5つあり、これを覚えるだけで大丈夫です。

  • ノックは3回
  • 『どうぞ』と言われたら、『失礼します』と言ったあとに、ドアを開ける
  • ドアを閉める時は、ドアの方を見て閉める
  • 少し椅子の近くに寄り、『面接のお時間を頂き、ありがとうございます。よろしくお願いいたします』とお礼を言う
  • 面接官から『座ってください』と言われたら座る

入室する時が、面接官と、初めて顔を合わす場面になるので、最初の印象を悪くさせない為にも、入室マナーは、しっかりと、覚えておきましょう。

入室する時のマナーはコツ、行動と言葉を一緒にしない事です。行動と言葉が、一緒になってしまうと、行動一つひとつが、雑に見えてしまいます。

なので、一つの行動が終わったあとに、言葉を発するようにしておきましょう。

面接で座る時:5つのマナー

面接で、座る時にも、身につけておきたいマナーがあります。

  • 『どうぞ』と言われて座る
  • 鞄は、椅子の横に、立てるように置く
  • 上着は、鞄の上か、背もたれに、畳んで置く
  • 男性の場合は、またを広げ過ぎない
  • 女性の場合は、足を斜めにする
  • 椅子には、浅く腰掛ける

この中でも、一番気をつけたいのは、『椅子の座り方』です。

椅子に、奥深く腰掛けてしまうと、どうしても背中が丸くなってしまったり、顎が上がって、挑発敵な格好になってしまいます。

そうならない為にも、できるだけ椅子には、浅く腰掛け、背筋を伸ばすようにすると、面接官に、良い印象を持たせることができます。

面接時の座る場所:マナー

面接者が座る場所は、下座という、入り口に一番近い椅子です。

面接する場所

ですが、稀に、下座に長椅子ソファーが置かれている場合があります。

面接で座る場所

長いソファーは、上座として認識されますので、入り口の近くにあったとしても、手前の一人用の椅子に座るようにしましょう。

もし、入り口が中央にあり、椅子も同じような間隔で置かれている場合は、左側の椅子、または、一人用の椅子に座ると問題ありません。

間違っても、一番奥の椅子には、座らないようにしましょうね。

面接する(聞く)姿勢:4つのマナー

面接をする際の姿勢や、面接官の話を聞く時の姿勢にも、マナーはあります。

  • 背筋を伸ばす
  • 表情を和らげる
  • 面接官の話には、わかりやすく応答する
  • 話を遮らない

面接官の話には、返事や、あいずち、うなずきといった『わかりやすい応答』をする姿勢が必要です。

わかりやすい応答をする事によって、面接官は、『内容を理解してくれている』と判断でき、理解力があると、評価してくれます。

他にも、面接官の話を遮らない事もマナーの一つです。

話を聞く姿勢がないと、入社しても、社内、社外とのコミュニケーションに問題が出てしまい、トラブルの原因にもなってしまうからです。

面接官は、意外なところにも、注目していますので、面接中に、マイナスな評価が付かないように、マナーをしっかりと理解して、正しい姿勢で、面接に挑むようにしてください。

退室する時:3つのマナー

最後まで気を抜かず、退室時にもマナーを意識しましょう。

  • 面接終了後、椅子の横に立ち、お礼。
  • ドアの前に行き、面接官の方を向いて、再びお礼。
  • ドアを閉める際は、静かに閉める。

ここでも、行動と言葉を一緒にしてしまうと、いい加減な人だと思われる可能性があるので、気をつけておきましょう。

面接が終わり、少し緊張がほぐれ、油断してしまいがちになるのが、退室時です。

早く、退室して、リラックスしたい気持ちはわかりますが、最後まで、社会人としてのマナーを意識しておきましょう。

身だしなみ:4つのマナー

身だしなみを整える理由は、相手に不快感、不安感、不信感を与えないようにする為です。

ビジネスにおいて、一番大切なのは、信用です。その信用を、ファーストインパクトで失わないようにする為に、身だしなみは必要な事なんです。

これから、4つの身だしなみのマナーについて、解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

髪型の身だしなみ:3つのマナー

髪型の身だしなみは、社会人にとっては、相手に良い印象を与える為の、最低限のマナーです。

面接に挑む際は、以下の3つ意識するといいでしょう。

  • 適度な髪の長さ
  • 清潔感のあるアスタイル
  • ナチュラルなヘアカラー

男性の場合は、耳が隠れない程度に散髪し、女性の場合は、ヘアゴムやヘアピンなどで、調整しましょう。

ヘアスタイルに関しては、男女共に、眉毛を見せるような、ヘアスタイルが望ましいです。

その理由は、眉毛を隠すヘアスタイルは、顔の4分の1を隠すことになり、表情があまり見えないからです。

さらに、眉毛を隠す事によって、顔全体が、暗い印象になってしまうので、面接には、不向きとされています。

髪型は、その人の内面や性格を表していると言われてますので、印象を良くする為にも、清潔感な髪型にしましょう。

スーツの身だしなみ:4つのマナー

面接に適したスーツを選ぶことによって、その人の印象や、合格率が変わってきます。

  • シミ、シワのあるスーツ
  • 派手過ぎるネクタイ
  • 極端なオーバーサイズ
  • 明るい色のスーツ

シミやシワのあるスーツ、サイズの合っていないスーツは、その人の、だらしなさが浮き彫りになってしまうので、必ず直しておきましょう。

そして、稀ではありますが、スーツの色や、ネクタイの色が、極端に明るいものを選んでいる人がいます。

面接は、おしゃれをする場所ではありません。

スーツに関しては、できるだけナチュラルな色(黒や濃いグレー)を、ネクタイは、原色を避けて、できるだけ落ち着いた色を選ぶようにしておきましょう。

装飾系の身だしなみ

装飾が許されるのは、女性のヘアゴムや、ヘアピンだけです。

たまに、男性で、ブレスレットや、ファッションリングをつけて、面接に来る人がいますが、これは論外です。

靴、鞄の身だしなみ

『サラリーマンの身だしなみは足元から』と言われるように、面接に行く時は、靴を磨き、清潔感を出していきましょう。

その理由は、スーツや、髪型はしっかりしていても、靴が清潔になれていなければ、だらしない性格の人だと、ネガティブなイメージを持たれてしまうからです。

鞄にしても、同じです。

使い込まれた、ボロボロの鞄よりも、真新しく、清潔感がある鞄のほうが、身だしなみが行き届いていると、印象つけることができます。

面接に遅れる、遅れそうな時:マナー

面接の時間に遅れる、遅刻しそうな時は、できるだけ早めに、電話で連絡するようにしましょう。

その、電話の時には、以下の3つの事を必ず伝えてください。

  • お詫びの言葉
  • 遅れる理由
  • 到着できる予定時間

面接会場には、5分~10分前に到着するのが一般的です。それを考えると、面接に遅れる電話を入れるのは、面接時間の10分以上前が、好ましいですね。

あんまり早くに連絡を入れすぎても、『今どこにいるの?』と不信感を与えるかもしれないので、遅れる電話を入れるのは、大体10分前にするといいでしょう。

まとめ

  • 面接は、面接会場に行く時から始まっている
  • 面接は、退室するまで、気を抜いてはいけない
  • 面接は、身だしなみをチェックする場でもある
  • 面接は、自分を良く見せる場所でもある

どんなに、面接に重きを置いてない会社でも、最低限な、面接のマナーは、覚えておく事が、必要です。実際、仕事ができる人材であっても、面接時のイメージが悪い場合は、不採用になってしまいます。

実力はあるのに、不採用になるのは、なんだか悔しいですよね。なので、無意味な不採用にならない為にも、面接のマナーを覚え、身だしなみを整えて、面接に挑むようにしてください。

そうすれば、きっと、希望の企業へ、転職できるはずです。

 よければ【職種別】基本的な「長所」「短所」の例文も参考にしてくださいね。