お風呂とシャワー

「肌のトラブルを治したい…浴槽に溜められる浄水器ってある?」

「髪の痛みが気になる…1年くらい使える風呂用浄水器ってないの?」

わたしの姉は敏感肌で、お風呂に浸かると痒みや赤みが出るので悩んでいました。ですが、風呂用浄水器をつけてからは肌のトラブルがなくなり、長風呂を楽しんでいます。

さらに、髪の毛にも違いがあると言っていました。

今回は、水道水に含まれれる”塩素”がどのように肌や髪の毛に影響を受けるのか。そして、浄水器を使うことでどういった効果があるのかを話していこうと思います。

きゃら

話すです~

塩素による肌と髪の影響

塩素による肌と髪への影響

塩素が肌に与える影響

水道水に含まれる塩素には、皮脂や保湿能力をうばうことが研究でわかっています。その結果、肌の細胞の角質層を壊して、肌を乾燥させてしまう作用があるんです。

さらに、もともと湿疹に悩まされている人にとっては、塩素が原因で悪化してしまうこともあるそうです。

肌にトラブルを抱えている人は、もしかすると水道水に含まれる残留塩素が影響しているかもしれません。

きゃら

肌のトラブルは水道水を疑ってみるです~

塩素が髪に与える影響

塩素は髪の毛に含まれるキューティクルやタンパク質を壊す働きがあります。

髪の毛には、「キューティクル」のほかにも、「コルテックス」「メデュラ」ものがあり、この3層で構成されています。そして、一番外側にあるのがキューティクルです。

キューティクルは、水や薬剤などの浸透を防いでくれる役割があり、そのおかげで髪のタンパク質や水分を守ってくれます。

ですが、塩素の影響を受けてしまうと、キューティクルが剥がれてしまい、タンパク質にもダメージを受け、結果髪の毛が痛んでしまうんですね。

地域によって塩素の残留塩素濃度が違う

地図

日本の水道には、水道法というのが適用されているのはご存知ですか?簡単に言うと「国民が安心して飲めるレベルにまで下げる法」というわけです。この水道法では、人体に影響がない程度に塩素を使って、水に含まれる菌などを殺菌しています。

そして、人体に影響を与えない基準として、留塩素濃度を必要最低限の0.1mg/L以上~0.4mg/L以下に設定しているんですね。

でも、この留塩素濃度は地域によって超えている場所があるんです。
(ちなみに地域別残留塩素濃度一覧表で住んでいる留塩素濃度を知ることができます)

きゃら

早く調べてみるですーー

一般的に、留塩素濃度が0.4mg/L以上になってしまうと、カルキ臭がきつくなったり、塩素の影響を受けやすくなってしまいます。地域によって0.4mg/Lを超える場所もあるので、もし一覧表を見て塩素濃度が高ければ対策が必要なのかもしれません。

浴槽に給湯もOK!1年使える風呂用おすすめ浄水器

もし、留塩素濃度が高い地域で、肌や髪の毛のトラブルで悩んでいるなら、浄水器を検討してみてください。

オススメするのはゼンケンのアクアセンチュリーレインボーです。

「アクアセンチュリーレインボー」は活性炭と不織布を使って塩素を取り除く”お風呂専用”の浄水器になっています。

この浄水器の一番の特徴は、一つのカートリッジで約150,000リットルの浄水能力があることです。

浄水器の使用可能量を説明

「――400Lってどのくらいの量?」

っと思いますよね。

一般的な浴槽(オトナ2人入れる大きさ)はお湯を2/3入れると150Lになります。さらに、シャワーは一人使用で約60L。それを計算すると、4人家族であれば1日390Lになります。

一応1人~4人での使用量を作ったので参考にしてみてください。

人数使用量
1人約80,000L
2人約100,000L
3人約120,000L
4人約140,000L
1年365日で計算

4人家族までなら、ひとつのカートリッジで1年は使える計算になります。コスパはいいですよね。

さらに、一般的な浄水カートリッジは、決められた使用量に達する前にはすでに浄水能力が50%ほど失われていることがあります。しかし、この浄水器は、150,000Lを使用したとしても70%の浄水能力を維持することができるんです。

きゃら

使用量を超えてもすこしは使えるです~

高性能な浄水器ならゼンケン

▶アクアセンチュリーレインボーを見る

アクアセンチュリーレインボーの口コミ

ここで少し、実際に購入した方の口コミを紹介します

「――水がやわらかく感じます。ふっくらとしたお湯という印象です」

「――肌が乾燥しやすく、浴槽に入るのが嫌いでしたが入れるようになりました」

「――井戸水を使った銭湯に行ってましたが、そこのお湯と感じが似ています」

「――飲んだりしないから違いがわからない」

「――湯上りで肌がしっとり、違いがよくわかりました」

「――使った感じはいいが、やはり少し値段が高い」

「――洗顔後もつっぱりません」

「――髪がきしまなくなりました。ただ、髪質や見た目が変わるかといえばそうでもないですけどね」

「――コンパクトとは言いにくいですが、あまり大きさは気になりません」

「――浄水器は意味がないものと思っていたんですが、やっぱり効果はあるんですね」

違いが体感できた人もいますが、できない人もいるようです。理由としては留塩素濃度の関係と使い方にあると思います。

留塩素濃度が高ければ違いもわかりやすいですし、シャワーだけでなく、湯船に浸かると実感しやすくなります。

塩素を除去する効果

塩素を除去する効果

髪の痛み、パサつきを抑える

カラーやパーマなどをした髪はダメージを受けている状態です。そのダメージを受けた髪の毛に塩素をかけてしまうと髪の痛みやパサつきが倍増されてしまいます。

美容室でも塩素を取り除く浄水器を使用していることから、塩素での髪へのダメージというのは認識されているんですね。

しかし、原因となる塩素をごっそり取り除くことで、髪へのダメージをできるだけ激減させる効果があります。

肌荒れ、乾燥を軽減する

肌荒れ、乾燥の原因は様々ありますが、塩素によって皮膚膜の細胞が破壊されて症状が悪化することを防いでくれる効果があります。

アトピーによる痒みや赤み症状の軽減

「お風呂につかるとアトピーがひどくなったり、痒み、赤みがでる」こういった悩みの原因にも塩素の影響が考えられます。

塩素には殺菌作用があります。肌が強い人には影響は少ないですが、敏感肌の人にとっては留塩素濃度によって影響が出る可能性があるようです。

塩素を取り除くことで必ず効果がでるとは限りませんが、症状を軽減できる期待があるとされています。

頭皮のフケや痒みにも効果がある

頭皮のフケや痒みは、ストレスや食生活が原因のときもあります。ですが、ストレスや食生活を改善しても治らないときは、もしかすると塩素が原因かもしれません。

塩素には肌を乾燥させてしまう作用があるため、頭皮にトラブルを起こす可能性があり、塩素を除去することで頭皮のフケや痒みに効果があることもあります。

きゃら

トリートメントの効果を最大限活かすことができるですー

塩素を除去したときの変化

水が肌に馴染む感じになる

塩素を除去することで、水が肌に馴染むようになります。なぜなら、塩素を除去することで水の蒸発を抑え、肌に留まる時間が増えるからです。

塩素を含んだ水は、含んでいない水に比べると蒸発しやすくなります。また、水の温度が高ければ蒸発する時間も早くなるそうです。

イメージとしてはアルコールに近いでしょう。アルコールは水に比べると蒸発が早いですよね。アルコールにも殺菌作用があるので、塩素と似た性質を持っていることから、蒸発が早いことがわかります。

髪のきしみが少ない

「塩素が髪のタンパク質を壊す」と言いますが、正しくは、「塩素が水に溶けると次亜塩素酸が発生し、これがたんぱく質を酸化する」ことが原因らしいです。

鉄に酸をかけると表面がサビてボロボロになるのと似ていますね。

これと同じように、塩素によって髪がサビてしまい、結果、キシキシ、パサパサになってしまうんです。

その塩素を除去することによって、髪のサビが取れ、きしみが少なくなってくるようです。

抜け毛が減った

腸には「常在菌」が存在し、腸内を保護していますが、頭皮にも常在菌が存在しており、頭皮を保護してくれています。

しかし、水道水に含まれる留塩素濃度によっては、その常在菌を死滅させてしまう可能性があるんです。

頭皮の常在菌が少なくなると、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の炎症によって抜け毛の原因になります。

もし、抜け毛の原因が塩素によるものだとすれば、塩素を除去することで「抜け毛が減った」と感じることができるかもしれません。

髪を結んだあとがつきにくくなった

髪にあとがつきやすい原因は、髪の毛の水分量にあります。

塩素の影響で水分量が減った髪の毛は、水分が抜けてしまった麺と一緒で固くなってしまい、そのせいであとがつきやすくなるんです。

塩素を除去した水を使うことで、髪へのダメージを抑えることができ、髪の毛に潤いを戻すことができるので、髪にあとがつきにくくなると考えられています。

ヘアカラーの脱色が抑えられる

塩素濃度が高いと洗浄力が高くなってしまうので、カラーが抜けやすくなります。特に、白髪染めはカラーがおちやすくなってしまうでしょう。

きゃら

変化がわかるのは嬉しいですーー

まとめ

塩素は体や髪の毛の”バリア”を破壊してしまうものです。留塩素濃度が高い地域では特にその傾向が多くなります。

肌や髪に悩みがある人は、一度塩素を取り除く浄水器を考えてみてはいかがでしょうか?

肌や髪のトラブルの多くは乾燥によるものなので、もしかすると、塩素を取り除くことで改善できるかもしれません。

高性能な浄水器ならゼンケン

▶アクアセンチュリーレインボーを見る

きゃら

また見にくるですよーー