悩む人

みなさん、こんにちは。
当ブログ運営者のmahiroです。

あなたは「仕事をしたくない」と思ったことはありますか?

わたしは日々思っています。できれば朝10時まで布団の上でゴロゴロしていたいですし、眠くなるまでユーチューブを見ていたいです。
でも、そんな生活をしていては生きていけませんし、お金が1億円あっても足りません。

人間だれでも楽をして生きていたのが本能です。でもそうもいかない。でもしたくない…
そんな負のスパイラルに陥っている人はごまんといるでしょう。

こんなときに役立つ改善方法を紹介します。

「仕事したくない」
ときにオススメする改善方法

はじめに、「仕事をしたくない」そう思う人は、100人いたら99人は思っていることです。わたしも実際そうですし、少なくてもわたしの周囲の人達もそういった人間です。

でも、それでも働いています。それはなぜか?
その理由は、ご飯が食べれないからです。友達と遊べないからです。趣味が持てないからです。
…こんな悲しいことってないですよね。たかだか仕事しないだけでこれだけの事が失われるなんて。でもこれが現実です。

では、そうならないためのオススメする改善方法を紹介します。

少なからず目標を持って達成感を感じる

目標や達成感がなければ仕事以外でも「したくない」が湧き出てきます。
その理由は、やっている意味がないからです。
例えば、体脂肪率8%の人はダイエットはしません。意味がないからです。したら病気です。するなら筋トレです。
でも、体脂肪30%の人はダイエットをします。「痩せて健康になる」「痩せて見た目を良くする」という目標があり、達成感もあるからです。

何が言いたいかというと、やりたくない仕事であっても小さな目標を設定して、小さな達成感を得ることで「仕事をしたくない」という感情を薄めることができる。ということです。
仕事がしたくないと思っていても、目標があって達成感があれば、人は「面白い」と感じる都合の良いな生き物なんです。

なので、もし「仕事がしたくない」と思ったときは、小さな目標を持って感情を薄めていきましょう。そうすることで多少は前向きになります。大人な考えですね。こんな大人にだけはなりたくなかったですが…

仕事を忘れるくらいの趣味を持つ

「仕事がしたくない」と思っていても、趣味があれば頑張れます。その理由は「これが終われば楽しいことが待っている」と思えるからです

ありきたりな内容ではありますが、実際に趣味があることで「仕事したくない」感情を薄めることができました。
「仕事がしたくない」と考えだしたら、24時間、365日そのことを考えてしまいます。

でも、没頭できる趣味を見つければ、その時間だけでもそれを忘れることができますし、仕事中でもそのことを考えることもできます。
そうすることでイヤな感情を薄めることができたんですね。

目の前の作業に集中する

「仕事をする」となると疲れてやる気が失せてしまいますが、「目の前の”作業”に集中する」となると意外とストレスを感じず仕事ができます。わかりやすく言うと、一つ一つの作業に区切りをつけて、作業を細分化することで達成感ができ、やる気が出てくるということです。

漠然とした目標だとやる気は出ません。それは「仕事をする」と思っていても同じことです。
「仕事をする」のではなく、「この作業をする」という目的を作ることで、1日にいくつもの達成感が生まれ「仕事がしたくない」という感情を減らすことができます。

それでも仕事をしたくない時は?

それでも仕事がしたくない時は、下記の5つを試してみましょう。

  1. 仕事をしたくない理由をノートに書く
  2. いつもと違う作業をしてみる
  3. 思い切って有給休暇を取って遊ぶ
  4. 趣味を見つける
  5. 友達と遊ぶ

『仕事をしたくない!』と思った時は、上記のような事を実行しましょう。特に、『仕事をしたくない理由をノートに書く』『仕事に対する不満をノートに書く』は必ずやってみてください。さらに、仕事をしたくない時はストレスがかかっている状態なので、リフレッシュする事も大切です。

では、一つづつどういった効果があるか見ていきましょう。

仕事をしたくない理由をノートに書く

『仕事をしたくない』と思ったら、まず、仕事をしたくない理由をノートにまとめてみてください。

理由をノートにまとめる事で、自分がどういった事に不満、不安を持っているのか、どういった事が本当はしたいのかがハッキリしてきます。

仕事をしたくない理由をハッキリさせる事で、『こんな事で悩んでたのか』『ここを改善すればいいのか』『ここは自分が悪いんだな』と、自分を第三者的に見る事ができ、解決方法を見つける事ができる場合があります。

そうする事で肩の力が抜け、あまりストレスを感じずに、仕事に励む事ができるようになります。

いつもと違う作業をしてみる

仕事をしたくないと思った時には、いつもと違う作業を取り入れていきましょう。

その理由は、いつもと同じ作業をしていると、いつもと同じ考えや感情になってしまい負のスパイラルに陥ってしまうからです。

違った作業を取り入れる事で、違った視点で物事を捉えることができ、違う発見も見つかります。さらに、新しい作業には新鮮さがあり、その新鮮さが頭を軽くする効果があるので、リフレッシュにも繋がっていきます。

なので、仕事をしたくないと思ったら、自分で新しい作業を見つけたり、上司などに『なんか手伝える作業はありますか?』と聞いて、新しい仕事をもらうようにしましょう。

思い切って有給休暇を取る

本当に、どうしても仕事をしたくない時は、思い切って有給休暇を取ってゆっくりしましょう。

その理由は、どうしても仕事をしたくないと思うのは、精神的に疲れている可能性があり、それ以上頑張ると精神的な病気になってしまう可能性もあるからです。

会社や職種、あなたの置かれた状況によって、有給休暇が取れない、もしくは取りづらい環境にあるかもしれませんが、本当に仕事をしたくないと感じているなら、少しの間だけでも有給休暇を使って休むべきです。

そうする事で、きっと以前のように仕事に励む気力が戻ってくるでしょう。

趣味を見つける

仕事をしたくないと思った時は、没頭できる趣味をみつけましょう。

その理由は、『仕事が終われば〇〇ができる』という1日の希望ができるからです。

さらに、『仕事』に頭が囚われている状況なので、そうならない為にも趣味を見つけて、頭の中を趣味の事でいっぱいにするのも良い方法です。

家族持ちの場合は趣味を見つける事も難しいですが、寝る前や隙間時間、休みの時の少しの時間でも出来る趣味はいくらでもありますので、ぜひ試してみてください。

おすすめな趣味

  • レザークラフト
  • アクセサリークラフト
  • プラモデル
  • ゲーム
  • 釣り
  • 筋トレ

少しの時間でできる趣味は沢山あるので、自分に合った趣味を探してみてください。趣味を探す事もストレス解消に繋がります。

友達と遊びまくる

仕事をしたくないと思った時は、とにかく友達と遊びましょう。

その理由は、完全に仕事の域から脱する為です。

仕事とは全く関係のない友達と会う事で、仕事モードから開放されます。一人で家にいても、家族と食事をしていても、意外と仕事モードというのは入りっぱなしの時があります。

しかし、気の知れた友達と遊ぶことで、そのスイッチは必ずオフになるもんなんですね。

なので、仕事がしたくなくなったり、仕事に対して意欲がなくなった時は、友達と遊ぶようにしましょう。

退職、転職はあまり考えない方がいい

『仕事をしたくない』と思っていても、退職や転職を選択肢に入れない方がいいです。

その理由は、仕事をしたくないだけの理由で退職、転職をすると必ず後悔するからです。

現状を変えたいのであれば、今の会社での状況を変えて行くほうが、自分の成長にもなりますし、仕事をしたくないという問題を根本から解決する事ができます。

さらに、もし仕事がしたくないと思って転職しても、また次の職場でも同じように思うはずです。そういった負のスパイラルにならない為にも、仕事がしたくないと思う原因を明確にして、根本的なところから改善していくほうが、未来は明るいと思います。

もし退職したいと思いはじめているなら、「仕事辞めた方がいい時」ってどんなとき?を参考にしてください。

まとめ

  • 仕事がしたくない時は、したくない理由をノートに書く
  • 仕事がしたくない時でも、退職、転職は選択肢に入れない

仕事をしたくないと思ったら、ひとまず、したくない理由をノートに書きましょう。「そんな事でやる気なんて出ないよ!」と思うかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください。意外と冷めた目で見る事ができて、書いた事を改めて見返すと、自分が甘えている部分がわかったり、改善する方法がすぐに見つかる時もあります。

あと、退職や転職は、精神的な問題があったり、本当にやりたい仕事が見つかるまでは忘れておきましょう。