おしゃれをした男女

アパレルで働きたいけど、太っているから応募する勇気すらでない

アパレルのイメージからすると、そういった悩みが出てきて不思議ではありません。

ですが、アパレルの現状を知ってしまえばそういった悩みはなくなります。

なぜなら、あなたのように悩んでいる人でも、実際に働いている人が多くいるからです。

もし、少しでも不安を無くしてアパレルにチャレンジしたいと思っているなら、この記事を最後まで読んでください。きっとあなたの背中を押す事ができるはずです。

この記事でわかること 
  • 太っていても関係ない理由
  • 体型をカバーできる事
  • 太っていても不採用にならない理由
  • 太っていても売上は関係ない理由
  • 体型を活かしたファッションの作り方

アパレルで働きたいけど
太っているから勇気が出ない…

アパレルで働きたいけど太っているから勇気がでない

そんな心配は無用です。

その理由は、体型よりも仕事を頑張るか頑張らないかで判断するからです。

体型が良くても仕事ができなければお荷物になりますし、太っていても売上が良ければ重宝されます。

さらに、アパレル店員が全員痩せている訳ではありません。よくよく見てみると、店長クラスの人達は意外にも太っている人は結構います。(収入が良くなるから太る人が多いんですね)

なので、太っているからアパレルで働く事に勇気が出ないという不安はまったく問題ありません。仕事のやる気さえあれば大丈夫です。

体型をカバーできる事ってありますか?

体型を短期間で変える事は不可能ですが、ファッションセンスを短期間で良くする事は可能です。

体型をカバーするにはファッションセンスを良くしましょう。太っていてもファッションセンスが良ければ、お客様からすればまったく問題ないからです。

逆に自分の体型を活かしたファッションを表現できる人は、人に勇気を与える事もできますし、周囲からも尊敬されます。

もし、ファッションセンスに自信がない場合は、ファッションセンスに自信がない人でも明日からオシャレになれる4つの知識を参考にしてください。

アパレルは太っていると
不採用になるって本当?

アパレルは太っていると不採用になりやすいって聞いた事があるんだけど…

90年代~2000年前半まではそういった風潮があるブランドもありましたが、現在ではそういった風潮はありません。

その理由は、昔と比べると消費者が多様性、機能性を重視するようになってきたからです。

一昔前の消費者は、芸能人が着るような洋服、モデルさんが着るような洋服を好み、アパレル業界もそういったスタイルの洋服を作っていました。

ですが、現在では低価格で着心地が良く、多様性がある洋服が好まれています。そういった事から、太っている人でも合わせやすい洋服も多く、人やスタイルで左右されるデザインは現在ではあまり受け入れにくい状況になっています。

不採用になる原因は、体型以外にも沢山ありますので、体型はひとまず置いておいて、面接でいかに自分をアピールできるかを考えていきましょう。

体型を採用基準に入れている会社は実際ある

しかし、体型や顔を採用基準にしている会社は実際あります。

その理由は、ブランドイメージを保つ為です。

ブランド意識が高いショップにはこういった傾向があり、シルエットが比較的細めな系統ブランドでもこういった基準を設けている会社はあります。なので、高ブランドだったり、スタイルを強調するようなショップだと、不採用になる可能性はあります。

太っている事で
洋服が売れなくなる事はある?

太っている事で接客時に売れなくなる事ってあるのかな…

仮に太っているあなたの売上が悪かったとしても、それは体型の問題ではありません。体型よりも、あなたのファッションセンスだったり、接客の仕方に問題があります。

その理由は、お客はあなたが思っているほど販売員の体型を気にしていないからです。見るとすればファッションセンスや接客時の態度です。

少し思い出してみてください。あなたが洋服を買いにいった時、太っている店員から接客されて『こんな太っている人から買いたくない』と思った事ありますか?

接客態度が悪い店員や、商品知識が薄い店員なら買いたくありませんが、太っているだけでは購買意欲が無くなる事はありませんよね。なので、体型の良し悪しで売上が変わる事はありません。

逆に言えば、太っていてもファッションセンスや接客が良ければ売れます。接客に関しては、【アパレル販売員】声掛け(アプローチ)の基本とコツを参考にしてください。

体型を活かしたファッションを作るには?

体型を活かしたファッションを作るにはどうすればいいの?

  • 自分に合う洋服を研究する
  • 自分のサイズを把握する
  • 清潔にする
  • 自己管理をしっかりとする

自分に合う洋服を研究するには、自分と同じような体型をした芸能人を参考にしたり、SNSなどで検索して研究しましょう。あと、気の知れた友達や親兄弟に意見を求めるのも効果的です。

さらに、自分がしたいファッションと、自分が似合うファッションが違う場合があります。なので、最初の内は一つの系統に決めるのではなく、いくつかの系統に分けて自分に合うファッションを見つけていきましょう。

あとは、イメージを良くする為に清潔感を大切にしましょう。

男性の場合は、ヒゲや髪型を清潔に保ち、女性の場合は、化粧などをナチュラルにしたりと工夫しながら清潔感を出していきましょう。

まとめ

  • 太っていてもアパレル販売員にはなれる
  • 体型や顔を採用基準にしている会社もある
  • 太っているだけでは不採用にならない
  • 不採用になるのは他に原因がある
  • 体型を活かしたファッションを目指す

太っている事でネガティブになるかもしれませんが、あなたが思っているほど会社側やお客側はネガティブに感じていない事が多くあります。もし、太っている事が頭から離れない時は、自分のファッションセンスを磨いたり、自分に合う洋服を選んだり、ファッションについての知識を勉強したりする事で、自分に自信を持つ事ができます。

今自分にできる事をしながら、将来的にダイエットをして理想の自分に近づかせる事もできます。とにかく、自分がしたい事は諦めずチャレンジしていきましょう。きっと明るい未来が待っているはずです。