アパレル販売員の転勤は断れる?転勤するメリット・デメリット

引っ越しをイメージした画像 ファッション

この記事はプロモーションを含みます

「アパレル店員の転勤って断れるの?」

「転勤するメリットやデメリットを教えてほしい」

そんな疑問に答えていきます。

転勤について色々な疑問があったり不安があったりするはずです。そういった事を少しでも和らげたり解決したり、メリットやデメリットを紹介していきますね。

アパレル販売員の転勤は一時的なら断れる

引っ越しをイメージした画像

一時的に断ることは可能です。

断る理由によりますが、その理由が解決すれば再度転勤の辞令がくるでしょう。その時は転勤を承諾しましょう。

転勤を何回も断わればあなたの上司は「転勤する気ないな」っと思われ今後の対応が分かれるかもしれません。そうならない為にも転勤の準備をしておくことが必要だと思います。

断れるケース

大体は親族や家族関係ですかね。

  • 親族の介護
  • 子供が小さい
  • 子供の学校問題
  • 妻の妊娠

などなど。基本的にこういった事でないと転勤を断る理由にはならないかもしれませんね。

まとめ

転職を断っても一時的なもの。相応の理由がないかぎり長い間保留することは難しい。個人的な理由で転勤を断るのは難しい。転勤自体したくないのであれば転勤の無い会社に転職するか別の職種へ転職した方がいい。

アパレルは転勤多い?少ない?

アパレルは基本転勤が多い業種になります。しかし、転勤があるといってもアルバイトや一般販売員が転勤の対象になる事はないと思っていいでしょう。余談ではありますが、もし転勤がイヤは人は職種を変えることをおすすめします。

アパレル業界はなぜ転勤が多い?

小売業は店舗数を増やしてナンボってところがあります。なので必然的にアパレル会社は全国展開するんですね。
そうすると優秀な社員を新店舗に送り込み、立ち上げメンバーとして転勤させます。だから店舗を拡大している会社ほど転勤が多い傾向にありますね。

まとめ

入社してすぐに転勤ってことはありませんが、将来的に転勤はあるでしょう。基本的に店長クラスになると転勤が発生します。

アパレル販売員は転勤するべき?

転勤はするべきですね。多分入社時にも「転勤はできますか?」っといった質問があると思いますし、アパレルは転勤があると認識しているものと上司(面接者)も思っているはずです。
なので、転勤はするべきですね。

”アパレルは転勤するもの”だから転勤するべき。って感じになってしまいましたが、するべき理由はもっとあります。

転勤するべき理由

一番はスキルアップです。転勤することによって違う販売員からインスパイヤされる事もありますし、お客のタイプも違うので接客の仕方も若干違ってきます。
新規ショップならお店の立ち上げ方や、未経験者への指導なんかもスキルアップに繋がります。

他にも転勤することによっていろいろな環境への対応力も養えますので人としての成長も期待できます。

まとめ

転勤する事によって店舗運営を学ぶチャンスもありますし、様々な人と出会うチャンスもあります。転勤しないと得られない経験もありますので転勤できない特別な理由がない限り転勤した方がいいでしょう。

アパレルの転勤は費用はでる?

引っ越し費用は全額出るのが基本です。

まったく支給されない事はないですが、一部支給って会社はあります。しかし、一部支給の場合は別に”転勤手当”が毎月支給されたりするので、その一部の引っ越し費用を数か月で相殺するケースもあります。

転勤する事で得られる手当

大体の会社は転勤することで転勤手当(単身赴任手当)、赴任手当(転勤支度金)、引越し手当が支給されます。

  • 転勤手当:毎月(家賃、光熱費くらい)
  • 赴任手当:一時(20万~30万)
  • 引越し手当:一時(20万~50万)

転勤すると手当だけではなく基本給が上がる傾向があり、年収アップにも繋がるのでメリットは大いにありますよね。

まとめ

転勤時の費用は基本的に会社持ちです。一部負担でも別の手当や昇給などで相殺するのが一般的です。
ですが、たまに費用を負担してくれない会社もあります。そういった時は会社と話し合いの場を設け負担費用の案を出す事をおすすめします。

アパレル販売員が転勤するメリット、デメリット

まず初めに言っておきたい事は『転勤は会社貢献、スキルアップ、適応力アップ』に繋がることでデメリットはほとんど無いと覚えておいてください。しかし、人によってデメリットになる事も確かです。
なので、自分にとってデメリットが多くある場合は少し考えた方がいいかもしれませんね。

メリット

先ほど言ったように、『会社貢献』『スキルアップ』『適応力アップ』といったメリットがあります。しかし、一番のメリットは年収です。転勤することによって基本給が上がったり転勤と同時に昇進したりする事だってあります。
転勤は個人にとって負担がかかります。その分給料で還元する会社がほとんどなんですね。

【役職の年収を知れる記事】

アパレル販売員の平均年収

デメリット

転勤にほぼデメリットはありませんが、あるとすれば『寂しさ』です。知らない土地へ一人で行くわけですから寂しくなるのは当たり前ですよね。それに最初は仕事でしか繋がってない人しかいないのでプライベートで仲間と飲んだりしても仕事感があり本当にリラックスできないかもしれません。

ですが、テナント内や隣の路面店のスタッフと絶対に仲良くなるので3か月もすれば楽しく新鮮な生活が待っています。そこで人生を左右する出会いもあるかもしれません。

まとめ

転勤は思っている以上に楽しい出来事です。転勤することで世界観が変わることもありますし、新しい出会いも必ずあります。一時的な寂しさはあると思いますが、きっと「転勤してよかった」っと思う日が必ずきます。

【おわりに】最後の転勤場所は本社です

最終的な転勤場所は本社です。
東京に本社があれば東京があなたの最後の転勤場所になります。そこで終わりです。なんだか少し寂しい気持ちになるかもしれませんが、それはその時に考えましょう。

本社行きは断れる?

これは実話なのですが、優秀なマネージャーが本社行きを告げられたのですが「私は生涯現場がいい」っと断り、マネージャーから店長に降格され、50代を目前に退職しました。一見ひどい扱いをされた感じですが、当の本人は「本社に行けばもっと早くに辞めてた」っと話していました。

転勤の話では断らず承諾した方が良いと話ましたが、仕事に対して固い決意や強いこだわりがある場合はどっちを優先させるか考えるのもアリかもしれません。

では本題の『本社行きは断れるか?』っという答えは『断れる』がそれ以降の道はないって事です。

タイトルとURLをコピーしました